ローカル環境からWordPressを引っ越す

レンタルサーバーを契約したので、これまで作成したWordPressのサイトをレンタルサーバー上で動かしてみましょう。
結構長い作業になりますが(記事の長さでお察しの通り)、そこまで難しい作業ではないので頑張ってください。

WordPressを引越しするのに必要な作業

WordPressは、動かすのに必要なphpファイルやテーマファイルと、データベースを使用して動いています。
引越しをするには、これらのファイルやデータベースを新しいサーバーにコピーすれば良いのですが、引越しをすると細かな設定が前の設定のままでは動かないなどのトラブルが発生することが多々あります。
特に今回は、ローカル環境からの引越しですので、URLが変わりますよね。
ですのでただコピーするだけではうまく行かず、引越しにはとても手間がかかります。
そこで、WordPressを簡単に引っ越すことのできるプラグインを使用します。

Duplicatorをインストールする

WordPressを開き、左側のリストのプラグイン->新規追加を選択してください。
duplicatorと入力すると、検索結果にDuplicatorが表示されます。
これをインストールしてください。
終わったら、有効化も行いましょう。
スクリーンショット_2017-10-26_15_41_45

データをバックアップする

ローカル環境での作業

プラグインを有効化すると、左側のリストにDuplicatorという項目が増えるのでそれをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_15_47_45
右上にあるCreate Newをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_15_48_58
何も変更せずに、右下のNextをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_15_49_17
すると、バックアップに必要なファイルのスキャンが始まるので待ちます。
そこそこ時間がかかりますがちゃんと終わるのでご心配なく。
スクリーンショット_2017-10-26_15_49_33
スキャンが完了すると、こんな画面が表示されます。
下のBuildボタンをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_15_49_48
バックアップデータのビルドが始まります。
結構時間がかかりますがちゃんと終わるのでご心配なく。
スクリーンショット_2017-10-26_15_50_06
完了したら、作成したバックアップデータをダウンロードできるようになるので、
InstallerArchive2つともダウンロードします。
スクリーンショット_2017-10-26_16_00_04
スクリーンショット_2017-10-26_16_02_23
これで、ローカルで行う作業は完了です。
これらの作業は、本番環境でプラグインを追加したり、テーマを変更するときなどに行うと、もし失敗してWordPressがぶっ壊れたなんてことになっても復元ができるので、覚えておきましょう。

本番環境でのWordPressのセットアップ・インストール

本番環境(レンタルサーバー)での作業

必要なデータのバックアップは取ったので、次は本番環境に取ったバックアップを復元します。

WordPressのインストール

まずは、レンタルサーバーでWordPressをインストールします。
Xdomainの管理パネルを開いてください。
ログインしていない場合は、下のURLを開いて、上にあるメニューバーの一番右にあるログインボタンからログインしてください。
www.xdomain.ne.jp
左下にある無料レンタルサーバーをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_13_19_41
WordPressの項目にある、利用を開始するをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_13_24_29
WordPressを使用する準備ができたので、管理パネルログインをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_16_19_25
スクリーンショット_2017-10-26_16_19_37
WordPressの管理パネルに移ります。
新規インストールをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_16_19_46
WordPressの新規インストールに必要な項目を入力する画面が表示されます。
それぞれ入力してください。
サイトアドレスは、入力したものが自分のWordPressサイトのURLになります。
最初に作成するWordPressサイトは、サブドメインが設定できないので空白にしておいてください
入力が終わったら次へ進むをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_16_21_20
確定(WordPressをインストール) をクリックします。
少し時間がかかりますが待ちましょう。
スクリーンショット_2017-10-26_16_32_42
インストールが完了しました。
スクリーンショット_2017-10-26_16_33_55

FTPアクセスの設定

インストールは完了したのですが、実際にサイトが見れるようになるまで時間がかかるのでその間に他にできる設定を行っておきましょう。
下のアプリケーション設定画面へをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_16_40_04
インストールしたWordPressにバックアップデータを移すために、FTPアクセスを行えるようにします。
FTPアクセスを行えるようにすることで、サーバー上のファイルを追加・編集することが出来るようになります。
各種管理設定の項目にあるFTPアカウント設定をクリックします。
メニューの項目にある設定変更ボタンをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_16_40_38
全てのファイル・フォルダにアクセスするにチェックを付けて、設定変更(確認)ボタンをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_16_41_05
スクリーンショット_2017-10-26_16_41_45
設定編集(確定)をクリックします。これでFTPアクセスが出来るようになりました。
この画面に表示されている内容をメモしておいてください。
FTPアカウント設定へ戻るをクリックして、その後に表示された画面でも戻るをクリックしてください。

FTPクライアント「Cyberduck」のインストール

CyberduckというFTPクライアントを使用します。
以下のURLからダウンロードしてください。
cyberduck.io/
Download Cyberduck for Windowsと書かれているボタンをクリックしてダウンロードします。
Macの場合はDownload Cyberduck for Macです。
スクリーンショット_2017-10-26_17_23_17
ダウンロードしたファイルを開き、インストールを行います。
Installボタンをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_17_25_36

Cyberduckを使用してFTPサーバーにログインする

インストールが完了したらCyberduckを起動し、
左上の新規接続ボタンをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_17_30_09
先程、FTPの設定完了画面でメモした内容を入力します。
サーバ: に 〜.wp.xdomain.jp (FTPアカウント名)
ユーザ名: に 〜.wp.xdomain.jp (FTPアカウント名)
パスワード: にメモしたパスワードをそれぞれ入力してください。
スクリーンショット_2017-10-26_17_31_12

ローカル環境からバックアップしたデータをサーバーにアップロードする

ログインに成功すると、サーバー上にあるファイルを見ることができます。
スクリーンショット_2017-10-26_19_08_38
そこに、ローカル環境のバックアップを取ったときに保存した2つのファイル(Archiveとinstaller.php)を、Cyberduckの画面に直接ドラッグ&ドロップしてファイルをアップロードしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_19_21_17

バックアップしたファイルを本番環境に復元する

アップロードが完了したら、ブラウザで先程アップロードしたinstaller.phpを開きます。
(〜).wp.xdomain.jp/installer.php
(〜はユーザー名)
と入力してください。
こんな画面が表示されます。
I have read and accept all terms & notices (required to continue)
にチェックを付けて、Nextをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_19_29_54
INSTALL ERRORと表示されました。
エラーの原因は、wp-config.phpがもう既に存在しているとのことなので、Cyberduckでwp-config.phpをバックアップを取ってから削除します。
Cyberduckを開き、wp-config.phpをデスクトップなどにドラッグしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_21_14_15
その後、右クリックして削除を選んでください。
スクリーンショット_2017-10-26_19_34_23
確認が表示されるので、削除をクリックします。
ファイルが消えたのを確認したら、ブラウザに戻ってTry Againをクリックしましょう。
そのあと、最初の画面に戻ったらもう一度Nextをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_19_33_07
データベースのセットアップ画面になります。
各項目の内容を記述していきます。
それぞれこのように設定してください。
Action: 「Connect and Remove All Data」を選択する
Host: wp.config.php38行目にあるDB_HOSTの内容(例:localhost)
Database: wp.config.php29行目にあるDB_NAMEの内容
User: wp.config.php32行目にあるDB_USERの内容
Password: wp.config.php35行目にあるDB_PASSWORDの内容
入力したらTest Databaseをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_19_36_32
HostとDatabaseにSuccessと記述されていれば問題ありません。
Nextをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_20_06_54
確認が表示されるのでYesを選択します。
スクリーンショット_2017-10-26_20_08_01
引越し先の新しいWordPressのURL、ファイルのパス、タイトルを入力する欄が表示されます。
このままで問題ないですが、タイトルがInstant WordPressのままになっている方が多いと思うので、変更しておきましょう。
変更したら、Nextをクリックします。
スクリーンショット_2017-10-26_20_08_39
これで、引越し作業は完了しました。

きちんと引越しできているか確認

Site Loginをクリックして、ログインしてみましょう。
スクリーンショット_2017-10-26_20_11_49
WordPressのログイン画面が表示されました。
ローカルのときと同じように、ユーザー名にadmin、パスワードにpasswordと入力するとログインできるはずです。
スクリーンショット_2017-10-26_20_14_32
ちゃんと、ローカル環境のときにインストールしたAll in One SEO Packなども反映されていますね。
スクリーンショット_2017-10-26_20_14_45

引越しが完了して不要になったinstaller.phpを削除する

引越し作業が完了したので、Cyberduckでアップロードしたinstaller.phpなどは不要になったので削除しましょう。
This site has been successfully migrated!の中にある
2. Remove installation Files Now! をクリックしてください。
不要なファイルを自動で削除してくれます。
スクリーンショット_2017-10-26_20_16_17

アカウントを作成して、adminアカウントを削除する

これで、無事本番環境で今まで通りWordPressを使うことが出来るようになったのですが、
ユーザー名はadmin、パスワードはpasswordのままです。
このままでは不正ログインされかねないので、新しく自分用のアカウントを作成し、
ローカル環境のときに使用していたadminのアカウントは、削除しておきましょう。

自分用のアカウントを作成する

左側のリストにあるユーザー->新規追加を選択してください。
スクリーンショット_2017-10-26_20_21_23
ユーザー名、メールアドレス、パスワードなどを決めて入力します。
パスワードは、パスワードを表示ボタンをクリックすると入力できるようになります。
スクリーンショット_2017-10-26_20_24_12
権限グループは、管理者に変更してください。
スクリーンショット_2017-10-26_20_27_33
終わったら、新規ユーザーを追加をクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_20_22_58
ユーザーの追加が完了しました。

ログアウトして、新しいユーザーに切り替える

作成したアカウントに切り替えましょう。
右上にある、こんにちは、adminさんを選択し、ログアウトを選択します。
スクリーンショット_2017-10-26_20_28_21
するとWordPressのログイン画面になるので、先ほど作成したアカウントのID(またはメールアドレス)とパスワードを入力してログインしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_20_28_46
WordPressの画面が表示されればOKです。

adminを削除する

今後は、今作成したアカウントでサイトの管理を行うので、adminを削除します。
左側のリストにあるユーザー->ユーザー一覧をクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_20_32_53
adminを選択し、削除をクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-26_20_33_29
削除の確認画面が表示されます。
すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする: を選択して、削除を実行をクリックしてください。
すべてのコンテンツを消去します。 を選択すると、ローカル環境のときに投稿した記事などが消えてしまうので、必ずすべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする: を選択しましょう。
スクリーンショット_2017-10-26_20_34_02
削除を実行すると、ユーザーの一覧画面が表示されます。
adminが消えていることを確認したら、今度こそ引越し作業は完了です。
お疲れ様でした!!

カテゴリー: WEB DESIGN 2018-2019 パーマリンク