テーマを変更してみよう

WordPressには、サイトの見た目を自由にカスタマイズ出来る機能があります。
今回は、自分のWordPressを好きなテーマに変更してみましょう。

■基本的なカスタマイズ
unofficialtokyo.com/2018/01/twenty-seventeen-customization/
■メインビジュアルに動画追加
incloop.com/twenty-seventeen%E3%81%AEwordpress%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AB%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%92%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%EF%BC%81/
■さらにカスタマイズ
tsumaboku.com/sitemap-twenty-seventeen-customize
■パンくずリスト
digital-life.club/hp/wordpress/twenty-seventeen%EF%BD%B0breadcrumb%EF%BD%B0list
■無料画像
jp.freepik.com/
■無料動画
ferret-plus.com/2619
www.studio-lab01.com/freebies/

テーマを選ぶ

テーマ選びは、自分好みのデザインのものを選択する他に、カスタマイズのしやすさ、トラブルが発生したときの対処のしやすさなども考慮するほうが良いでしょう。
テーマは、WordPress内の 外観 -> テーマ から選ぶこともできますし、Googleで検索して、好きなテーマをダウンロードしてくることもできます。
スクリーンショット-2017-10-20-16_35_22(2)

WordPress公式でテーマを探す

外観 -> テーマ を開いたら、現在WordPressにインストールされているテーマが表示されています。この中から決めてもよいのですが、気に入ったものがない場合、上にある 新規追加 ボタンをクリックしてください。
スクリーンショット_2017-10-20_15_45_51
すると、WordPress公式サイトにあるテーマを探すことができます。
気に入ったものを見つけたら、テーマを選択して インストール をクリックすると、自分のWordPressにインストールされ、最初のテーマ選択画面に追加されます。
スクリーンショット_2017-10-20_16_50_45(2)

確認

このテーマにしてみようという候補がでてきたら、最後にこれらのチェックをしてみましょう。

テーマが安全かどうか

導入したテーマに悪意のあるソースが混入されていたり、バックドアが仕込まれているケースもあります。海外の無料WordPressテーマ配布サイトで取得したようなテーマの場合は、十分に気をつけましょう。
不安な場合は、WordPress公式から探すか、開発者の身元がはっきりしていて、連絡が取れる手段のあるテーマであることを確認しましょう。

ネット上に導入事例があるかどうか

「テーマ名 WordPress」などで検索して、そのテーマのカスタマイズやトラブルに関するノウハウや事例が、どれだけWeb上に溜まっているのかを見ましょう。
その数が多ければ多いほど、トラブルシューティングの際に助かります。最初のうちは、事例が多くあるテーマを選んでおくことをオススメします。

メインコンテンツにあったレイアウトかどうか

メインコンテンツに合わせて、コンテンツが一番良く見せられる最適なレイアウトを選びましょう。
テキストがメインのブログなら、画像が目立つマガジンスタイルのテーマより、テキスト部分にスペースを割いたシンプルなテーマの方が読みやすいでしょう。
同じように、撮影した写真などがメインコンテンツの場合は、テキスト露出の少ないビジュアルベースなテーマの方が、より写真を際立たせることができる場合が多いです。
ビジュアルだけで決めるのも結構ですが、いちばん大切なのは 自分が読者に何を伝えたいのか ということを忘れずに。

カラム数が適切かどうか

たとえば下のレイアウトのように、右にメニューがあって、左に記事本文を配置するような構成は、カラムが2つなので2カラムレイアウトになります。ブログ型メディアでよく見られるカラム数で、記事をメインに見せながら他の記事リンクも見せることができます。
スクリーンショット_2017-10-20_14_50_45
豊富なコンテンツを作成し、ポータルサイトっぽくしたいのであれば3カラムレイアウト、メインコンテンツだけじっくり読んでほしければシングルカラムレイアウトがおすすめです。

レスポンシブに対応しているかどうか

WordPressでは、レスポンシブに対応しているかどうかはテーマによって変わります。
テーマのデザインがレスポンシブに対応していれば、スマホでも見やすいレイアウトで自分のサイトを表示できるので、アクセス数の向上につながります。

その要素は本当に必要かどうか

アート作品のようにデザイン的に珍しいテーマを選択する際は、少し注意が必要です。あまりに変わった構成だと、あなたのサイトを訪れたユーザーが、使い方が分からず混乱してしまう可能性があるからです。
また、デザイン的にオシャレだからといって、必要もないのに背景に動画を流したりインタラクティブな動きを入れたりすると、メインコンテンツがわかりにくくなったり、サイトコンセプトがブレてしまったりすることがあります。
その要素がブログの中で本当に必要なのかどうかを、改めて考えてみましょう。

テーマを適用する

設定したいテーマを見つけたら、実際に適用してみましょう。
WordPress公式にあがっているテーマは、とても簡単に設定できます。

WordPress公式にあるテーマを適用する

まず、左側のリストの 外観 -> テーマ を選択します。
テーマの一覧が表示されるので、その中から変更したいテーマを選択して 有効化ボタン をクリックすれば変更できます。
一覧に表示されていない場合は、上にある 新規追加 をクリックして、テーマを探してください。
スクリーンショット_2017-10-20_15_45_51

公式以外からテーマを見つけてきた場合

公式以外からテーマを見つけてきた場合、zipファイルで配布されているはずですので、
上記のテーマの追加画面の上にテーマのアップロードというボタンをクリックして、ファイルをアップロードします。
スクリーンショット_2017-10-20_16_25_58(2)
参照… をクリックして、ダウンロードしたテーマを選択してください。
ですがその前に、実際にどういう見た目になるのか確認・調整をすることをおすすめします。
有効化ボタンの隣りにあるライブプレビューをクリックすると、自分のサイトがそのテーマを適用するとどういう見た目になるのか確認できます。
スクリーンショット_2017-10-20_16_59_27(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です