Blender 物理演算

blender.u5kun.com/%E7%85%99%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A7%E8%88%9E%E5%8F%B0%E6%BC%94%E5%87%BA%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%92%E5%86%8D%E7%8F%BE%E3%80%88/

blender-cg.net/category/%E7%89%A9%E7%90%86%E6%BC%94%E7%AE%97/%E6%B5%81%E4%BD%93/

カテゴリー: 未分類 | Blender 物理演算 はコメントを受け付けていません。

Blenderノードエディター

マテリアルに対するエフェクト
www.blender3d.biz/rendering_nodesandnodenetworks.html
saitottammas.wordpress.com/2014/12/29/node01/

www.youtube.com/watch?v=DOhstRo2_mk
www.youtube.com/watch?v=Sx3OEOEAjZk
www.youtube.com/watch?v=k1T91ECA8cU

マテリアルに対するエフェクト
ch.nicovideo.jp/Arasen/blomaga/ar486110
senmyou.xyz/blender%E3%83%9E%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%89%E8%A8%AD%E5%AE%9A/

www.blender3d.biz/rendering_shaders-part2.html

www.blender3d.biz/rendering_shaders-part2.html

カテゴリー: 3DCG/2018-19, _レンダリング | Blenderノードエディター はコメントを受け付けていません。

2018-19/WEB/課題

■評価基準
出席数 5~6割(変動アリ)
■課題内容
制作物:国旗制作(国は問わない 2個作成)
ele.electro-cute.com/wp/2017/09/25/post-6276/

レポート:1ヶ月でinstagram ・ facebook ・ twitter等SNSでフォロワー1000人増やす。

・業種を絞って提案だとさらに良い。(例 子供服屋・旅行代理店)
・関連性のあるフォロワーならさらに良い。

ウェブサイトには力を入れず、SNSに特化して拡散を狙ったプロモーションが最近の傾向にあります。
今後ウェブサイトの位置づけというのも変化してきているようです。
それらを踏まえ、競合他社のサイトをチェックし、他にないような
WEBサイトのプロモーションに対して何かアイデアを考えてまとめてもらいたい。

■提出方法
index.htmlとcssファイルをフォルダにまとめ圧縮する。
400字程度で

■期限
1/17授業最終日の夜24:00くらいまで
提出期限切れていてもOK
最悪アップできない場合は以下メールに学籍番号と名前と画像を添付してください
oecu@electro-cute.com

■提出方法
ムードル

カテゴリー: レポート | 2018-19/WEB/課題 はコメントを受け付けていません。

2018-19/3DCG-Blender/課題

■評価基準
出席数 5~6割(変動アリ)
■課題内容
キノコをモチーフに何か制作する。
プラスアルファOK
雪だるまでもOK
授業中に作ったものを組み合わせてもOK
1920x1080pxのJPG画像

■期限
1/17授業最終日の夜24:00くらいまで
提出期限切れていてもOK
最悪アップできない場合は以下メールに学籍番号と名前と画像を添付してください
oecu@electro-cute.com

■提出方法
ムードル

※既にメールにて提出してる方はOK

カテゴリー: レポート | 2018-19/3DCG-Blender/課題 はコメントを受け付けていません。

サイト制作問題1ー解答

サイト制作問題1の完成ファイルは以下のリンクからダウンロードできます。
サイトに動きをつけるために、jsファイル等も含まれています。
制作の参考にしてください。
hulacafe完成ファイル

カテゴリー: 未分類, WEB DESIGN 2018-2019 | サイト制作問題1ー解答 はコメントを受け付けていません。

サイト制作問題1

サイト制作問題

「Hula Cafe」というカフェのホームページサイトです。

制作していただくページは

1.「Home」ページ
2.「Menu」ページ
3.「Contact」ページ の計3ページです。

メニューバーにはその他に
「About this shop」と「Event」がありますが、
その2ページは制作不要です。

完成デザインは以下のようになります。

「Home」ページ

制作に必要なファイルや画像は以下のリンクからダウンロードできます。
hulacafe
「draft」ファイルにはサイト制作に使用するテキストが入っています。
「menu」「about」「event」「contact」ファイルはそれぞれメニューの
「MENU」「About this shop」「Event」「Contact」ページに関連するファイルです。
今回制作するページに必要なファイルだけ使用してください。

参考資料
実際に完成しているサイトをもとに、使用されているタグやクラス名、構成を一部記載しています。
全てのタグやクラスを記載しているわけではありませんが、
必要であればコーディングの際に下記の画像を参考にしてください。




基本書式

■h1
h1は 誰もがハワイアンな気分になれる、大阪福島のハワイアンカフェダイニング
■CSSクラス

div class="wrap"

■画像配置用ソース

img src="../images/img001.gif" width="128" height="128" alt="イラスト1"

■リンクタグ

a href="a.shtml"

■CSS配置用head内に下記

link rel="stylesheet" href="css/style.css"

■CSS記入例

    background: #f9f0d9;
    color: #3f2222;
    border-top: 5px solid #832700;
    border-top: 5px solid #832700;

style
index

head部分

■title meta description
goope.jp/article/title-descreption/
ring-and-link.co.jp/dream2000/user/notice/seo/1139

■OGP
digitalidentity.co.jp/blog/seo/ogp-share-setting.html

■favicon
liginc.co.jp/web/design/material/16853

■リセットCSS
shiru-web.com/2017/04/21/01-26/

■クリアフィックス
sutara79.hatenablog.com/entry/2016/09/26/130238

/* -------------------------
clearfix
------------------------- */
.clearfix:after{
    content: "";/*新しい要素を作る*/
    display: block;/*ブロックレベル要素に*/
    clear: both;/*回り込みの解除*/
}

ヘッダー部分

■絶対配置
saruwakakun.com/html-css/basic/relative-absolute-fixed

■z-index
saruwakakun.com/html-css/basic/z-index

■【CSS】displayの使い方を総まとめ!inlineやblockの違いは?
例(テキストの横並びメニューの際に使用)
【CSS】displayの使い方を総まとめ!inlineやblockの違いは?

■リスト部分

リスト要素の記述例

header li {
    display: inline;
    margin-left: 30px;
    background: url(../images/common/header_icon.gif) no-repeat 0 50%;
    padding-left: 10px;
    font-size: 12px;
}

■ヘッダーソース


誰もがハワイアンな気分になれる、大阪福島のハワイアンカフェダイニング

Hula Cafe Hawaiian style cafe dinning

Tel.06-6452-1971

■ヘッダー部分CSS

/* -------------------------
Page Wrap Style
------------------------- */
.wrap{
    border-top: 5px solid #832700;
}

/* -------------------------
Header Style
------------------------- */
header{
    width: 960px;
    margin: 0 auto;/*真ん中に寄せる※widthとセットで使う*/
    padding: 7px 0 12px;/*上下のパディング設定*/
    position: relative;
}
h1{
    margin-bottom: 16px;
    font-size: 14px;
}
header ul{
    position: absolute;
    top: 45px;
    right: 5px;
    z-index: 1;
}
header li{
    display: inline;
    margin-left: 30px;
    background: url(../images/common/header_icon.gif) no-repeat 0 50%;/*X軸 0、Y軸50%*/
    padding-left: 10px;
    font-size: 12px;
}
header li a{
    color: #352c28;
}
heaser li a:hover{
    color: #935539;
}
.headerTel{
    position: absolute;
    top: 70px;
    right: 5px;
}

メインビジュアル

■スライダー
様々なスライダー
ferret-plus.com/9396

  
  • Aia no ke ko a ke au.“都会の中のアロハな空間へ”
  • Aia no i ka mea e mele ana.“ハワイアンソングが流れる店内で最高のひとときを”
  • He 'olina leo ka ke aloha.“有機栽培・無添加のお食事と、美味しいドリンクでおもてなしいたします”

■スライダー部分CSS

/* -------------------------
MainVisual Style
------------------------- */
.mainVisual{
    width: 960px;
    margin: 0 auto;
}

■</body>上に設置










 

JSフォルダはCSSと同一階層
js

CSSフォルダに
jquery.bxslider

ナビゲーション部分

■FLEXBOX
ics.media/entry/13117
coliss.com/articles/build-websites/operation/css/css3-flexbox-properties-by-scotch.html

■ナビゲーション部分CSS
参考
ele.electro-cute.com/wp/2016/11/28/post-5644/

.clearfix:after{
    content: "";/*新しい要素を作る*/
    display: block;/*ブロックレベル要素に*/
    clear: both;/*回り込みの解除*/
}
  
  
/* -------------------------
GlobalWrap Style
------------------------- */
.navWrap{
    background: url(../images/common/gnav_bg.jpg) repeat-x;
}
.navWrap ul{
    width: 960px;
    margin: 0 auto 30px;
}
.navWrap Li{
    float: left;
    text-indent: -9999px;
}
.navWrap Li a{
    display: block;
    width: 192px;
    height: 70px;
}
.navWrap .home a{
    background: url(../images/common/gnav01_off.png) no-repeat;
}
.navWrap .menu a{
    background: url(../images/common/gnav02_off.png) no-repeat;
}
.navWrap .aboutThisShop a{
    background: url(../images/common/gnav03_off.png) no-repeat;
}
.navWrap .event a{
    background: url(../images/common/gnav04_off.png) no-repeat;
}
.navWrap .contact a{
    background: url(../images/common/gnav05_off.png) no-repeat;
}
/* マウスオーバー時 */
.navWrap .homec a:hover{
    background: url(../images/common/gnav01_on.png) no-repeat;
}
.navWrap .menu a:hover{
    background: url(../images/common/gnav02_on.png) no-repeat;
}
.navWrap .aboutThisShop a:hover{
    background: url(../images/common/gnav03_on.png) no-repeat;
}
.navWrap .event a:hover{
    background: url(../images/common/gnav04_on.png) no-repeat;
}
.navWrap .contact a:hover{
    background: url(../images/common/gnav05_on.png) no-repeat;
}
/*いまいるページの表示*/
.navWrap .home.current a{
    background: url(../images/common/gnav01_on.png) no-repeat;
}
.navWrap .menu.current a{
    background: url(../images/common/gnav02_on.png) no-repeat;
}
.navWrap .aboutThisShop.current a{
    background: url(../images/common/gnav03_on.png) no-repeat;
}
.navWrap .event.current a{
    background: url(../images/common/gnav04_on.png) no-repeat;
}
.navWrap .contact.current a{
    background: url(../images/common/gnav05_on.png) no-repeat;
}

■その他一枚画像の場合
ele.electro-cute.com/wp/2018/01/11/post-6600/

コンテンツ

■<section></section>
意味
Web内では、文章でいうところの章や節のこと。

使い方&注意点
・ひとつのコンテンツ要素(文章でいう章や節のこと)として成り立っているものに付ける

■<article></article>
意味
記事

使い方&注意点
独立したコンテンツに使用

独立したコンテンツかどうかの見分け基準
RSSリーダーで完結して読み取れるか?
今見えているコンテンツで完結しているか? (例:ブログの記事)

■<aside></aside>
意味
余談

使い方&注意点
そのWebページになくてもいいコンテンツに付ける (例:広告のバナー)

■aside
spuit.tech/html/aside-element/

■article、aside、section、nav
www.recipi.jp/1668
qiita.com/piotzkhider/items/faffbc4a107e7e495998

■dl dt dd
ferret-plus.com/5063
hazimetenohomepage.x0.com/html-css-tishiki/1968/

  
  • Food(フード)
  • Drink(ドリンク)
  • Acai(アサイー)
  • Dessert(デザート)
/* -------------------------
Notice Style
------------------------- */
.notice{
    width: 960px;
    margin: 0 auto 30px;
}
.notice li{
    float: left;
    margin-right: 20px;
}
.notice li:last-child{
    margin-right: 0;
}
.notice li a{
    display: block;
    width: 225px;
    height: 160px;
}
/*.notice .food a , notice .food a:hover{
    background: url(../images/common/bnr_food_on.jpg) no-repeat;
}
.notice .drink a , notice .drink a:hover{
    background: url(../images/common/bnr_drink_on.jpg) no-repeat;
}
.notice .acai a , notice .acai a:hover{
    background: url(../images/common/bnr_acai_on.jpg) no-repeat;
}
.notice .dessert a , notice .dessert a:hover{
    background: url(../images/common/bnr_dessert_on.jpg) no-repeat;
}
.notice li a:hover img{
    visibility: hidden;
}
/* -------------------------
Content Style
------------------------- */
.content{
    width: 960px;
    margin: 0 auto 30px;
}

/* -------------------------
Aside Style
------------------------- */
aside{
    width: 260px;
    float: left;
}

.attention li{
    background: #fff;
    margin-bottom: 20px;
    padding: 5px;
    position: relative;
}
.attention li:last-child{
    margin-bottom: 0;
}
.attention img{
    float: left;
}
.attention dl{
    width: 140px;
    float: right;
    padding-top: 4px;
}
.attention dt{
    font-size: 17px;
    color: #1e671e;
    font-weight: bold;
}
.attention dd{
    font-size: 12px;
    margin-top: 5px;
    line-height: 1.3;
}
.attention .goDetail{
    position: absolute;
    bottom: 5px;
    right: 5px;
    background: url(../images/common/side_icon.gif) no-repeat 0 50%;
    padding-left: 10px;
}
  
/* -------------------------
Main Style
------------------------- */
.newsArea,.menuArea,.contactArea{
    width: 660px;
    background: #fff;
    float: right;
    padding: 10px;
}
.newsArea h2{
    margin-bottom: 22px;
    padding-left: 10px;
}
.newsArea dl{
    font-size: 13px;
}
.newsArea dt{
    width: 100px;
    float: left;
    padding-left: 15px;
}
.newsArea dd{
    border-bottom: 1px dotted #7d7d7d;
    padding-bottom: 15px;
    margin-bottom: 25px;
}
.newsArea dd:last-child{
    border-bottom: 0;
    margin-bottom: 0;
}
    
     
/* -------------------------
Main Style
------------------------- */
.newsArea,.menuArea,.contactArea{
    width: 660px;
    background: #fff;
    float: right;
    padding: 10px;
}
.newsArea h2{
    margin-bottom: 22px;
    padding-left: 10px;
}
.newsArea dl{
    font-size: 13px;
}
.newsArea dt{
    width: 100px;
    float: left;
    padding-left: 15px;
}
.newsArea dd{
    border-bottom: 1px dotted #7d7d7d;
    padding-bottom: 15px;
    margin-bottom: 25px;
}
.newsArea dd:last-child{
    border-bottom: 0;
    margin-bottom: 0;
}

  
/* -------------------------
Footer Style
------------------------- */
.footerWrap{
    background: url(../images/common/footer_bg.jpg) repeat;
    padding: 13px 0 20px;
}
footer{
    width: 960px;
    margin: 0 auto;
    color: #fff;
    font-size: 13px;
}
.footerDetail{
    width: 260px;
    float: left;
}
.footerDetail p{
    margin-bottom: 10px;
}
.footerDetail address{
    margin-bottom: 30px;
}
footer ul{
    float: right;
}
footer li{
    float: left;
    padding-right: 20px;
    border-right: 1px solid #fff;
    margin-right: 20px;
}
footer li:last-child{
    padding-right: 0;
    border-right: 0;
    margin-right: 0;
}
footer li a{
    color: #fff;
}
footer li a:hover{
    color: #6b1818;
}
footer small{
    display: block;
    clear: both;
    text-align: right;
}

TOPに戻る
/*------------------------
スムーススクロール
------------------------*/

#page-top {
    position: fixed;
    bottom: 100px;
    right: 50px;
    width:45px;
    height:45px;
}
カテゴリー: WEB DESIGN 2018-2019 | サイト制作問題1 はコメントを受け付けていません。

レスポンシブWebデザインの調整を行う02

今回の作業
ブラウザ画面の横幅を変化させて表示を確認し、必要に応じてブレイクポイントを追加して気になるポイントを調整していきます。

配布データのダウンロード
配布データを以下からダウンロードしてください。
goo.gl/NGjUJB
(4_sample.zip)

レスポンシブWebデザインによる変化で気になるポイント
@media (メディアクエリ)以外の設定で表示したデザインを基準とし、ブラウザ画面の横幅を変化させたときに気になるポイントをチェックします。

基準のデザイン
@media 以外の設定で表示した、基準となるデザインです。

ブラウザ画面の横幅を小さくしたときの表示
ブラウザ画面の横幅を小さくすると、ナビゲーションメニューに改行が入ります。

また、「おしらせ」の各リンクにも改行が入り、日付の下にテキストが入り込んだ表示になります。

ブラウザ画面の横幅を大きくした時の表示

ブラウザ画面の横幅を大きくすると、それに合わせてレイアウト全体の横幅も大きくなっていきます。

どのように調整するかを検討する
気になるポイントを調整するため、ここでは新たに2つのブレイクポイントを追加して、次のように@media (メディアクエリ) の設定を適用して調整していきます。

(クリックで拡大)

追加するブレイクポイント
600px にブレイクポイントを追加 @media (max-width: 599px)
1190px にブレイクポイントを追加 @media (max-width: 1190px)
ブレイクポイント768px以下の設定
適用する設定: @media (max-width: 599px)

ナビゲーションメニューをコンパクトなデザインにする
ブラウザ画面の横幅が599px以下のときにはナビゲーションメニューをコンパクトなデザインに変更し、改行が入らないようにします。
日付とテキストを横に並べて表示する
「お知らせ」では日付とテキストを横に並べて、テキストに改行が入っても日付の下に入り込まないようにします。
ブレイクポイント768px以上の設定
適用する設定: @media (min-width: 1190px)
適用済の設定: @media (max-width: 767px)

レイアウト全体の横幅を固定する
レイアウト全体の横幅を固定し、横に広がりすぎないようにします。
ここでは、CSSフレームワークなどでの採用が増えている少し大きめの横幅 1140px に固定します。
なお、@media が判別するブラウザ画面の横幅には、前回ボックスの左右に確保した余白(15px ×2)や、縦スクロールバー(約15~20px)の大きさが含まれます。
そこで、ブレイクポイントは1190pxに設定し、余白や縦スクロールバーを含めてもレイアウト全体がブラウザ画面に収まるようにします。
ヘッダーとフッターを横幅いっぱいに表示する
サイト名とナビゲーションメニューを横に並べたヘッダー部分は罫線で区切ったデザインにします。
また、ヘッダーとフッターは画面の横幅いっぱいに表示します。
調整に必要な@mediaの設定を追加する
@media (メディアクエリ) の設定はスタイルシートの末尾に追加し、基準のデザインの設定を上書きできるようにします。ここではブラウザ画面の横幅が小さいときに適用する @media から順に記述しています。
コード1 style.css 122~142行目 /* ########### 768px以上 ########### */ ~ } を置き換え

/* ########### 599px以下 ########### /
@media (max-width: 599px) {
}
/
########### 768px以上 ########### /
@media (min-width: 768px) {
/
BOX1とBOX2を横に並べる設定 /
.boxA:after {
content: “”;
display: block;
clear: both
}
.box1 {
float: left;
width: auto
}
.box2 {
float: right;
width: auto
}
}
/
########### 1190px以上 ########### */
@media (min-width: 1190px) {
}
ナビゲーションメニューをコンパクトにする
ブラウザ画面の横幅を小さくしたときに、ナビゲーションメニューをコンパクトなデザインにして、改行が入らないようにします。

  1. 調整前の確認
    ナビゲーションメニューの調整を行う前に、設定した600ピクセルのブレイクポイントが実際のデバイスで有効かどうかを確認します。
    そこで、以下の表を参考に、主要なデバイスのブラウザの画面サイズで表示を確認します。

主要なスマートフォンやタブレットのブラウザの画面サイズ
主要なスマートフォンやタブレット ブラウザの画面サイズ(ピクセル)
iPhone 4 / 4s 320 x 480
iPhone 5 / 5s 320 x 568
iPhone 6 / 6s / 7 / 8 (標準) 375 x 667
iPhone 6 / 6s / 7 / 8 (拡大) 320 x 568
iPhone 6 Plus / 6s Plus / 7 Plus / 8 Plus (標準) 414 x 736
iPhone 6 Plus / 6s Plus / 7 Plus / 8 Plus (拡大) 375 x 667
Nexus 4 (4インチAndroid端末の代表的な機種) 384 x 640
Nexus 5 (5インチAndroid端末の代表的な機種) 360 x 640
Nexus 7 (7インチAndroid端末の代表的な機種) 600 x 960
iPad (9.7インチ) 768 x 1024
Nexus 10 (10インチAndroid端末の代表的な機種) 800 x 1280
すると、ブレイクポイントよりも小さな画面のデバイスではナビゲーションメニューに改行が入ることが確認できますので、 @media (max-width: 599px) に設定を追加してデザインを調整していきます。

  1. ナビゲーションメニューをコンパクトなデザインにする
    ナビゲーションメニューの余白サイズと文字サイズを小さくし、コンパクトなデザインにします。
    そこで、次のように設定を追加して、基準のデザインを変更します。
    ここでは

<

nav class=”menu”> 内の

  • 内の の padding で左右の余白サイズを 7px に、 font-size で文字サイズを 11px に変更します。
    コード2 style.css 122~125行目 /* ########### 599px以下 ########### */ ~ }を置き換え

    /* ########### 599px以下 ########### /
    @media (max-width: 599px) {
    /
    ナビゲーション /
    .menu li a {
    padding: 10px 7px;
    font-size: 11px
    }
    /
    キャッチコピー */
    .catch {
    padding: 5px 10px;
    font-size: 12px
    }
    }
    これによって、
    28行目に記述されている

    padding: 10px 15px;
    と、30行目に記述されている

    font-size: 14px;
    は、横幅が599px以下の端末では コード2 の記述に置き換えられます。

    日付の下にテキストが入り込まないようにする
    「お知らせ」の各リンクのテキストが改行されても、日付の下に入り込まないようにします。そこで、日付とテキストをそれぞれボックスに入れ、横に並べてレイアウトします。

    1. 調整前の確認
      ナビゲーションメニューのときと同じように、実際のデバイスで「お知らせ」の表示を確認します。すると、小さな画面ではテキストが改行され、日付の下に入り込んだ表示になります。また、大きな画面でもテキストが長くなると改行が入り、同じ表示になってしまいます。
      そこで、ここではブレイクポイントと関係なく、日付とテキストをボックスに分け、テキストが改行されても日付の下に入り込まないように設定していきます。

    2. 日付とテキストをボックスに入れる
      日付の下にテキストが入り込まないようにするためには、まずは日付とテキストをそれぞれボックスに入れます。
      日付は

    <

    div> にはクラス名を text と指定し、スタイルシートを適用しやすくしておきます。
    これで、

    <

    div class=”text”> の構成する2つのボックスが縦に並び、 でグループ化した形になります。
    コード3 sample.html 36~58行目

    ~

    を置き換え

    1. ボックスを横に並べる
      日付とテキストを入れたボックスを横に並べます。ただし、日付を入れたボックスは横幅を固定して表示したいので、片方のボックスの横幅をピクセルで固定する設定を適用します。
      ここでは日付を入れたボックスの横幅を60ピクセルに固定するため、

    <

    div class=”text”> の margin-left を 60px に指定しています。また、余計な余白を入れないように、

    .news time {
    color: #888888;
    font-weight: bold
    }
    .news a:after {
    content: “”;
    display: block;
    clear: both
    }
    .news time {
    float: left;
    width: 60px
    }
    .news .text {
    float: none;
    width: auto;
    margin-left: 60px
    }
    MEMO
    「お知らせ」内の日付やテキストに適用するため、セレクタは

    <

    div class=”news”> 内の

    <

    div class=”text”> を指定する形で記述しています。

    レイアウト全体の横幅を固定する
    ブラウザ画面の横幅を大きくした時の表示を調整します。
    ここではレイアウト全体の横幅を1140ピクセルに固定し、横に広がりすぎないようにします。ただし、ヘッダーとフッターは横幅いっぱいに表示します。

    1. 横幅を固定する
      ブラウザ画面の横幅が大きいときにレイアウト全体の横幅を固定するため、 @media (min-width: 1190px) でボックスの横幅を指定します。ただし、ヘッダーとフッターは横幅いっぱいに表示したいので、BOXAとBOX5は横幅の指定から外します。
      ここではヘッダー画像と「おしらせ」の横幅を固定するため、次のようにBOX3とBOX4の横幅を1140ピクセルに指定します。
      また、横幅を指定したボックスはブラウザ画面の中央に揃えて配置するため、 margin-left と margin-right を auto と指定します。
      コード5 style.css 179行目に追加 ( @media (min-width: 1190px) { ~ } の間)

    /* 全体の横幅を固定 */
    .box3, .box4, {
    width: 1140px;
    margin-left: auto;
    margin-right: auto
    }
    2. ヘッダーを罫線で区切る
    ヘッダーを罫線で区切ります。
    そこで、

    <

    div class=”boxA”> の border-bottom を solid 1px #dddddd と指定し、BOX Aの下に太さ1ピクセルのグレーの罫線を挿入します。また、 margin-bottom でヘッダー画像との間隔を20ピクセルに指定します。
    コード6 style.css 184行目の下に追加

    .boxA {
    margin-bottom: 20px;
    border-bottom: solid 1px #dddddd
    }
    3. ヘッダーとフッターの中身を他のパーツに揃える
    ヘッダーとフッターの中身を他のパーツに揃えて表示します。
    そこで、BOXAとBOX5の中身を

    <

    div> で囲み、クラス名を boxA-inner 、 box5-inner と指定します。
    コード7 sample.html 12~30行目

    ~

    を置き換え

    62~66行目

    ~

    を置き換え

    追加した

    <

    div class=”boxA-inner”> と

    <

    div class=”box5-inner”>に、 1. の横幅の指定を適用します。
    コード8 style.css 179行目 .box3, .box4, { を置き換え ( /* 全体の横幅を固定 */ )の下)

    .box3, .box4, .boxA-inner, .box5-inner {
    大きい画面でもヘッダー画像を横幅いっぱいに表示する場合
    大きいブラウザ画面でもヘッダー画像を横幅いっぱいに表示したレイアウトにすることもできます。
    その場合、ヘッダー画像を入れたBOX3に 1. の横幅の指定を適用しないようにします。ヘッダーの下を罫線で区切る必要もなくなるので、 2. の指定も削除します。
    また、ここで使用しているヘッダー画像のオリジナルサイズは横幅1500ピクセルとなっています。
    ブラウザ画面の横幅が1500ピクセル以上になっても画面の横幅いっぱいに表示するためには、画像の横幅を max-width ではなく width で 100% と指定し、拡大表示を行うようにしておきます。拡大表示を避けたい場合には、より大きなヘッダー画像を用意します。
    コード9 style.css 50~55行目 /* ヘッダー画像 */ ~ } を置き換え

    /* ヘッダー画像 /
    .topimg {
    width: 100%;
    height: auto;
    vertical-align: bottom
    }
    180~189行目 /
    BOX Aの下に罫線を挿入 */ ~ } を置き換え

    /* 全体の横幅を固定 */
    .box4, .boxA-inner, .box5-inner {
    width: 1140px;
    margin-left: auto;
    margin-right: auto
    }

  • カテゴリー: WEB DESIGN 2018-2019 | レスポンシブWebデザインの調整を行う02 はコメントを受け付けていません。

    (5-1)復習アニメーションの基礎

    アニメーションで使用するショートカット

    「I」:InsertKey
    「G」:移動
    「R」:回転
    「S」:サイズ変更
    「A」:all 選択解除
    「B」:範囲選択
    「Shift+S」:スナップ表示
    「Shift+D」:複製

    パネルの説明

    001

    Insert Key・・・・「I」キー
    (キーフレームをつける・瞬間瞬間の情報を記憶させる)

    002

    Graph Editor
    (スピードを加速させたり等の細かい設定をする)
    003

    フレームアニメーション基本操作

    1)現在のフレームが「1」であることを確認し、
    「I」キー/「位置/回転」を選択。

    004

    2)現在のフレームを「30」と入力。
    005

    3)cube を移動させ、「I」キー/「位置/回転」

    006
    Iキーを押した時点ではじめてアニメーションが付きます。
    4)現在のフレームを「60」と入力し、
    cube を移動、回転もさせ、「I」/「位置/回転」

    007



    より詳しくオブジェクトの情報を見るには
    ショートカットNキー
    Properties の表示では、位置や、
    回転のメニュー部分が、黄色くなって表示されます。

    008
    位置と、回転に、キーが入ってるので、数値の背景部分が黄色です。
    寸法には、キーがないので、グレーのままです。

    ※まず時間を移動させて→Iキーで覚えさせるという手順の繰り返しです。
    プレイアニメーションをクリックすれば、アニメーションが再生されます。
    反対向きのアイコンは、逆再生です。



    テキストアニメ

    カラーを変えるときは

    例)ディフューズのカラー上で右クリックし キーフレームを挿入を選ぶ。

    009

    ●色を付け直すときはキーフレームを上書きで上書きする。
    ●削除したいときはキーフレームを削除で削除する。
    ●キーフレームのクリアを押すと、カラーにつけた全てのキーフレームが無くなってしまいます。

    キーフレームの値のコピー

    例)原点にもどる場合など。回転のループとか・・・
    アニメーションを細かく設定するには グラフエディター が必須になります。
    グラフエディター を開くには
    プリセットで用意されているメニューを使います。
    画面上の方にある、DefaultをAnimationに変更します。
    3D view full など押しておかしくなったら
    Ctrlキーを押しながら、 矢印キー左右で、画面を順番に切り替えることができます。

    010

    左下がグラフエディターです。 左上は、ドープシートです。
    グラフエディタは、ホイールをぐるぐる回すことでズームしたりできます。
    マウス中ボタン(ホイール押し)で、表示範囲をドラッグできます。

    Dopesheet/ドープシート
    タイムライン上のすべてのキーフレームのチャネルのオーバービューを示すもので、
    タイムライン上のすべてのキーフレームを一度に表示、選択、操作できます。


    グラフのX軸とかY軸に当たる部分をドラッグすることでグラフの表示をスクロールできます。
    あと、見づらいですが小さいグレーの●をドラッグすると、表示範囲を変えることができます。



    グラフの表示範囲が広すぎて、いまいちカーブが調整しづらい時に、ここで表示範囲を調整しましょう。
    横軸がフレーム数で、縦軸が変化の値です。
    1フレームの値を全部コピーして90フレームに持って行く狙いなので、
    まず、1フレーム目のキーを全部選択する必要があります。
    Bキーを押して範囲選択モードにしてから、1フレーム目のキーを全部選択します。
    縦長に選択する感じです。



    キーを選択したら、Keyメニューから、Duplicateを選択します。
    011

    これでキーの値がコピーされたので、そのままずるずると、90フレームまで動かします。
    クリックしちゃうと、決定しちゃうので、クリックしないように。
    このとき、Xキーを押しておけば、横移動だけに固定できます。
    Blenderでおなじみの機能で、こんなところにも使えます。
    012

    これで、キーの値が90フレームにコピーされました。
    アニメーションを再生すると、原点にもどってくる感じになるはずです。
    さて。
    90フレームまでのアニメーションなのに、デフォルトでは250フレームになっていて、
    再生時に余計な時間がかかって邪魔です。
    90フレームまでのアニメーションにしてしまいましょう。
    90フレームに、緑色のカレントフレームの線を移動して、
    Time Line の、Frameメニューから、Set End Frame を選択します。

    013

    これで、1~90フレームまでの範囲になりました。
    再生すれば、ループしてくれます。
    014

    TimeLineショートカット

    ←    フレームを1戻す。
    →    フレームを1進める。
    ↑    フレームを10進める。(キーフレームがあれば、次のキーフレームまで進む)
    ↓    フレームを10戻す。(キーフレームがあれば、前のキーフレームまで戻る)
    ALT+マウスホイール     ホイールの回転で、フレームを移動できます。

    Graph Editor での操作

    Aキーを押す      選択しているキーを選択解除する。(全選択のON,OFFなので)
    左ボタンドラッグ    選択しているキーを、ドラッグで移動できます。
    右ボタンドラッグ    現在のフレームを表す緑の線を動かせます。
    中央ボタン       グラフエディタの表示を、水平移動します。
    マウスホイール     グラフエディタの表示を、ズームイン、ズームアウトします。
    Ctrl+マウスホイール  グラフエディタをフレーム分スクロールさせます。
    Ctrl+中央ボタン     マウスを動かした方向に、グラフを拡大縮小します。
    縦、横自在に比率を変えられるので、割と便利です。
    Homeキー        グラフエディタの表示に、全体(キーがある分)が収まるように調整されます。
    Kキー          選択したキーと同じフレームにあるキーを全て選択します。

    これってアニメーションを繰り返し見てるだけでは???と疑問の方!

    今回アニメーションを設定したCubeの「Y Location (Y位置)」を選択します。

    「グラフエディタ」の右側にある「Properties(Nキー)」の「モディファイア」パネルの「追加」ボタンをクリックし、
    「反復」を追加します。
    (左側のリストよりY 位置 X 位置といった感じで一つ一つ選択しないと「追加」ボタンは表示しません。 )
    (Propertiesが表示されていない場合はグラフエディタ上にマウスポインタを置いて「N」キーを押します)
    015
    016

    これで下図のような周期運動が設定されたはずです。
    周期運動は一番左にあるキーフレームと一番右にあるキーフレームの間のモーションを繰り返すように設定されます。

    上図で赤丸で示した部分の数字を変えることで何回繰り返すかを変えることができます。
    左の「Before」が設定したキーフレーム以前に何回繰り返すか、
    右の「After」が設定したキーフレーム以後に何回繰り返すかを設定します。
    値が「0」だと永久に繰り返します。

    追記
    アニメーションの曲線をIPOカーブといい これを編集するのにも
    G/R/Sキーを使って編集できます。
    (スピード等編集ができます。)




    応用パターン

    親子化

    両サイドの顔が自転しつつ
    真ん中の顔が自転するとそれにあわせて両サイドも回転するアニメーションを作成。
    (タイヤと車のボディーの関係)







    両サイドの顔は、20フレームで1回転するアニメーションをつける。
    Nキーを押してZ軸を360度回転させる。



    永続的に回転するように設定をする。
    Graph Editorを開きグラフを見やすく調整する。
    最初にグラフが伸びきった状態で表示されることがあるので





    ctrl+中ボタン Shift+中ボタン 中ボタンスクロールを使い表示する。
    そしてcycle設定をする。
    その際、rotationのZをクリックしておく。



    両サイドの顔の両方に設定する。
    次にセンターの顔を親とし親子化を行う。
    手前の顔をクリックしshiftを押しながら真ん中の顔をクリック。
    Ctrl+Pで親子化をする。



    逆の顔も親子化を行う。



    最後に、真ん中の顔を40フレームで1回点するアニメーションをつける。


    0キーを押してカメラの位置を設定しアニメーションを行う。

    アニメーションのパラメーター



    ■レンダリングパラメータの確認
    ・Resolution X:1920 Y:1080 100% サイズ
    ・Aspect Ratio X:100 Y:100 アスペクト比
    ・Frame Rate FPS:30(15,10) 1秒あたりのコマ数
    ・Anti-Aliasing on 8 アンチエリアシング
    ・Shading Check All 基本的にすべてON
    ・Output //(Current Directory) ムービーの出力先

    AVI フォーマットでは無い場合は 0001.png などの静止画の連番ファイルが作られます。こちらの方が1フレームずつ確実に残るし、部分差替も比較的容易なので、推奨される方法です。

    更に細かく知るには

    カテゴリー: 3DCG/2018-19, _アニメーション | (5-1)復習アニメーションの基礎 はコメントを受け付けていません。

    Blender011_01/顔モデリング(人間編)

    モデリング下準備|背景画像の読み込み

    画面を分けて。
    右はNUM1ビュー
    右はNUM3ビュー
    Object Mode でDefault Cubeを消す。





    Nキーにてパネルを表示
    BackgroundImagesからAddImages Openで顔正面画像を読み込む



    こんなかんじ。


    同様に横顔を読み込み


    赤枠の箇所で位置や大きさの微調整を行う。
    ・Opacity 透明度
    ・Size 大きさ
    ・X:Y 位置
    鼻・目尻・顎等の尖った部分を基準に位置を合わせる。
    なお、顔は左右対称でなかったり、画像によって誤差があるので
    了承頂きたいです。
    使用画像。。。



    モデリング下準備|背景画像の読み込み

    正面図にてShift+AからPlaneを追加する


    X軸にて90度回転


    ObjectModifireにてMirrorModifireを選び Clippingにチェックを入れる。
    Clippinngにチェックを入れることで顔画面の用にZ軸からPlaneが離れてもミラーされたオブジェクトと
    繋がった状態で表示される。
    参考 虎の顔モデリング
    下の画像の選択された頂点を削除


    ■横顔の画面にて作業
    どちらかの頂点を選択しCtrl+左マウスクリックすると新たに頂点が追加される。


    頂点を増やしながらGキーにて移動しつつ形を整える。
    トータル15個の頂点で制作。


    正面との頂点が上手くあっていませんが
    大体の目安で。。。
    新たに6個の頂点を増やします。


    コントロール+左クリックはEキーでも代用できます。
    画像のように二つ頂点を選びFキーを押してつなげます。




    横方向から位置をあわせます。


    鼻から顎にむかって7個頂点を作成
    (画像が上手くあってなくて申し訳ないです。)


    ※注意
    片方のウィンドウで頂点を追加し、違うウィンドウで位置を合わせようとした時に
    上手く移動出来ない場合があります。
    その際は、一時Clipingのチェックを外してください。
    同数の頂点で外側に作成


    鼻の下側を作成(上図の頂点をちょっとずらしてます。)


    目の周りを10個の頂点で作成。
    この際もClipingをつけたり外したりしてください。
    (本来しなくてもいい作業ですが。。。)


    ObjectModeで確認するとこんな感じです。


    目の周りから顎にかけて3点でつなげる


    更に外側も


    そして更に外側も

    目を作る

    全選択Aキーを使い、全て選択を解除してからCtrl+左クリックで
    新たに頂点を作成する。


    トータル8個の頂点で目を作る


    位置を合わせる


    鼻から面を貼っていく


    2点を選択しFキーを押して線をつなげる。


    さらに4点を選択肢Fキーにて面を貼る。




    線をつなげなくても四点を選んでFキーで面を貼ることが可能です。
    面を貼っていきます。


    MeshToolsのShadingでFlatをクリックすると角ばった状態でみえます。
    Flatにする場合は頂点をAキーにて全選択
    面を間違って張ってしまい、削除したい場合は
    面選択をチェックしXキーにてOnlyFaceで削除します。


    すみません、私のモデルデータですが目の頂点が一つ多かったようです。。
    面を張る際に一つ消しました。


    ひたすら張りまくります。


    一挙にエクストゥルード


    複数の頂点を選びEキーにて伸ばします。

    鼻を作り込む

    面を増やしてぼやっとした形状にメリハリをつける。([Ctrl]+[Tab])
    面選択をチェックし鼻の5面を選択し


    Eキー Yキーにて押し出す


    形を整える

    鼻の穴を押し出しを使って作る。

    鼻の下部分2面を選択([Ctrl]+[Tab]で面選択)
    Eキーで押し出しSキーで縮小
    ※注意Clipingを外しておく。




    鼻の頂点をくっつける


    Alt+M マージにて at least を選び複数の頂点をくっつける。


    さらに穴を深くEキーにて押し出しを使い掘っていく




    以下は好きにやってください。
    鼻のディテールを作りこむためにKキーを使って面を細かく分割。
    先に面を選択しKキーを押しながらドラッグして切りたい面上をなぞります。






    適当に切ってみました。
    上手くないですが。。。
    鼻のでっぱりをこんな感じで作っていきます。

    唇をつくる

    唇の輪郭を押し出しEキーを使ってすこしづつ小さくして作成します。
    その際中心を真ん中にもっていきたいので中心となる3Dカーソルを下図の赤の頂点をクリックし
    3Dカーソルを移動します。
    Shift+Sを使い移動します。




    以下のように3Dカーソルが移動しました。


    押し出ししながら頂点を移動しつつ形を整えます。






    もう一箇所切ったりしつつ形を整えたり。。。これ自由です。

    目元を作り込む

    また目元もKキーを使い面を分割します。




    淵をつくるべく、押し出したり。


    さらに押し出しつつ形を整える。

    目玉を入れる。

    Shift+AでUVSpehereを入れる。


    適当な位置に移動。
    球の挿入は、ObjectModeの方がいいかもしれません。


    あとは、作りこみたいところ等を適当にカットしたりします。


    頂点を整えます。


    あとは適当に面をはっていきます。
    図はEキーで頂点を伸ばしてから面を貼ろうとしてます。




    首のところだけ一箇所追加


    面が周りこみやすいように一つ面を追加してやります。


    押し出ししながら縮めたりして

















    サブディビジョンさーフェースをかましたら
    一応完成


    レンダリングした後、[F3]を押すと保存用のFile Browserが開くので、
    保存するフォルダとファイル名を指定して画像を保存。

    カテゴリー: 3DCG/2018-19, _モデリング中級 | Blender011_01/顔モデリング(人間編) はコメントを受け付けていません。

    Blender013_01/アーマーチュアアニメーション

    体のデータサンプル

    OBJECTモードにてはじめる。

    3Dカーソルがある部分に、アーマチャーが出来るので
    体のヘソあたりに移動する。
    shift+c








    Shift+A→add→アーマチャーを追加する。
    (ワイヤーフレームにしないと見づらい)





    とりあえず下図のようにしていきたい。


    EDHITモードに移動。

    ●ヘソを中心に上方に一つアーマチャーを追加する。エディットモードへ移動



    ●Gキーを使って、先端を背部に移動。(寝かせる)
    この時、Ctrlキーを押して移動するとグリット単位で移動する。



    回転軸を選びEキーで上部と下部に合計2個 アーマチャーを伸ばす。





    まず回転軸を選ぶ



    Eキーを押して丈夫に伸ばす。

    上部は、肩くらいまで。





    下部は太ももの付け根くらいまで。





    Zキーを押して垂直に移動するとやりやすい。
    ●上部から首・頭部分の骨格になるよう2個 アーマチャーを伸ばす。




    ●肩部分から指先にかけて、一個伸ばす。
    Tキーを押してパネルを出します。
    X-AxisMirrorのチェックを付けます。
    今回はEキーでなく、Shift+Eキーを押して横に伸ばします。


    ●骨盤部分から一個足先に伸ばす。



    へそから二個もつくらなくても良いです。
    へそからダイレクトに二本足の付け根に伸ばしても可。
    ●腕部分・足部分に名前をつけます。(ArmatureBonesのBOに)
    leg.L arm.L等、ドットを忘れずに。



    作業がしづらい時は、DisplayプロパティーのX-Rayをチェックする。



    ●腕と足を作成



    各パーツの名前はこんな感じで。


    ●Armatureの関連付け(適用)を行います。
    関連するオブジェクト全てとArmatureを複数選択します。
    必ずArmatureを最後に選択します。
    [Ctrl]+[P]キーで表示されたメニューの中から[With Automatic Weights]を選択すれば完了です。





    ●ポーズモードに切り替えて各アーマーチュアを動かすと
    とりあえず動きます。




    Weight値の編集を行って細かく制御していきます。



    【覚書】Bキーで頂点を選択するとき、裏側も選択したい場合
    Occlude background geometoryのチェックを外す。


    以下旧バージョンでの説明なので無視*********************

    ●腕と足を複製(Shift+D)
    Armature
    X-Axis X-Rayボタンを押す
    ●ミラーで反転(Ctrl+M)クリック
    ●WキーでflipLeft-RightNames
    ●ArmatureBonesのCoボタンを押して、中心にスナップ
    ●Wキーを押し、Subdibide Multiで3分割
    ●間接を適当に移動。
    間接部分はちょっと曲げておくといい。
    ●ボーンを選択しCtrl+NでClearRoll
    足のペアレント
    ●カカト部分から下のボーン→腰のボーンを選択し
    ペアレントCtrl+P KeepOffset
    ●ひざ部分をコピーし前方に移動しペアレント
    PoseMode
    ●拘束する名前をひざに入れる
    Len 2
    90度
    スキニング
    体とボーンを合体する。
    カカトから下、ひざの前のボーンを選択し
    体との合体に関係ないと指定する。
    Deform oFf
    make realを押し mirrorを上に持ってくる。

    カテゴリー: 3DCG/2018-19, _アニメーション | Blender013_01/アーマーチュアアニメーション はコメントを受け付けていません。